レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:18/12/06

女性が恋に落ちると…
女性ホルモンも自律神経もすべてプラスに働くと言われていて…

不思議なことに、
恋する女性はお肌だけではなく、
まるでダイエットに成功したかのように
身体のラインもスッキリ美しくなるもんです。

しかも、
食事の量が減ったとか、何か運動を始めたなど、
摂取エネルギーや消費エネルギーの変化はまったくないのに、
ダイエットが成功したかのようになるですから、
身体が代謝アップモードに切り替わったとしか考えようがありませんね。

人間の身体って、本当に不思議!
女性の身体の神秘とでも言いましょうか…

これと似たパターンでは、
結婚式前のダイエット効果があります。

晴れの舞台となる結婚式を控えて、
女性はエステに通ったり、様々なダイエットに励んだりしますが、
それほど苦労しなくても、
自然にダイエットに成功し、キレイになっていくのです。

恋のダイエットや美容に対する影響って、
計り知れないものです!

ただ、
効果絶大な恋のダイエットには、思わぬ落とし穴が待ち受けています。
素敵な恋が終わってしまったとき、
そのショックで、
かなり短期間にリバウンドしてしまうことが多いんです。

特に努力もなしにダイエットできていた分、
そのリバウンドも激しく、
あっという間に以前の体重をオーバーしてしまう場合も結構あります。

だから、
恋によるダイエット効果が出てきたからといって、
安心しすぎるのは禁物なんです。

思い通りのスレンダーな身体を実現しても、
きちんと栄養バランスを考えた食事をとり、
どんなに幸せでも、
身体に対する意識は忘れないようにしましょうね!


ホーム サイトマップ