適性はレーシックの種類によって変わる

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。

 

レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:19/3/19

おいらの大学の入学式は、
ある意味思い出深いものでした。

中学生ぐらいまでは、おいらは「雨女」でした。
高校生になってその汚名を返上できたかのように思っていたのですが、
大学の入学式当日は、曇りでした。

おいらが入学した大学はちょっと遠くて、
自宅から電車ですと120分ぐらい、
車で行くと1時間から1時間半ぐらいで着きます。
親も出席すると言う事で、車で行くことになりました。

雨が降らなくてよかったねぇ…
なんて話していたのもつかの間。
見る見るうちに空は、
黒い黒い雲に包まれていきました。

降り出した雨は、まさに「横殴り」の雨。
まるで台風のような雨でした。
本気で横向きに降っていたんですよ!

こんな日に、こんな雨に降られるなんて、
おいらは「雨女」から抜け出せてないんだなぁ…
と言うよりも、それを通り越して、
あまりの雨の降り方に、逆におかしくなってしまいました。

雨が降り出した時は、まだ車中でしたので、
今から土砂降りの中での入学式に向けて
心の準備をしなくては…

そんな豪雨の中、
ふと周りの景色を眺めていると、どういうわけか、
向こうの方の空は明るいんですよね。

「!」これは、期待できるかも知れないと思いました。
だって、おいら達の進む先の空が明るいのですから…

大学に着く頃には、
無事に晴れ間が現れてくれました。
狐に化かされたかと思うぐらいに、
雲ひとつない程の快晴になっていました!

まるで、おいらの人生のようだねぇ…
母親と笑いながら話していたのですが、
その晴れ渡る空が何かを暗示していたかのように、
おいらの大学時代は遠距離通学にもかかわらず、
本当に楽しく過ごさせてもらいました。


ホーム サイトマップ