適性はレーシックの種類によって変わる

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。

 

レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:19/2/03

ダイエットしようと考える方は少なくないようですが、
同時にダイエットに挫折してしまう人も多いようです。

ダイエットしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

ダイエットというのは、
食事制限があったり、運動をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからダイエットは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なダイエットをしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激な運動をするとか…

かく言う僕も一度、
ダイエットで失敗してしまった経験があります。
僕の場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またダイエットには運動だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から運動をやっている人なら
それほどきついダイエットメニューではないかもしれません。

ところが僕は、
今まで運動をほとんどやったことがありませんでした。

肉体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりダイエットするようにしました。
そのときの僕は、ちょっと無理をしていたようです。

僕のケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。


ホーム サイトマップ